OkOgeのブログ

地方で楽しく生活することをテーマに日々あったことをつづります。

田舎に住む人必見!月額325円のプライム会員

今度はアマゾンのプライム会員にお試し登録してみました。 アマゾンで買い物をしたら、配送料や日時指定が無料になりますよ〜と、プライム会員に誘導されたのです。 配送料無料は嬉しいけど、通販はアマゾンだけじゃないしなぁと思っていたのですが、プライ…

個人事業主にはマスト!自分の時間も仕事も手に入れる考え方

人気ブロガーちきりんの自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方を読みました。 お金は節約しても、時間を節約して生活できている人はどれくらいでしょうか。 でも、人生は有限。 時間こそ最も貴重なもの。 したいことがた…

【読書メモ】「学力」の経済学

筆者の主張は、「教育にエビデンスを」。 なるほどと思った点を結論だけまとめると ・教育は子どもが小さいときほど、効果が大きい・教育は学校より、家庭が与える影響が大きい・しつけを受けた人は年収が高い・少人数学級は費用対効果が低い・いい先生との…

【読書メモ】君の膵臓を食べたい

​エキセントリックな題名で、前から気になってはいたものの手が出なかった本。 図書館の新刊コーナーで見つけた。君の膵臓をたべたい作者: 住野よる出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2015/06/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (37件) を見る 高校生の…

【読書メモ】ANAの口ぐせ

新聞広告で目にした、どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)。広告文のに、「社員だったことを誇りに思う」なんて元社員の感想があったのでどんなものかと気になった。書いてあることを信じれば、この会社は社内のコミュニケーションが活発…

【読書メモ】すいかの匂い

久しぶりに読んだ小説は、江國香織のすいかの匂い (新潮文庫)。11篇の少女の夏の物語。わたしの読んだことのある女性作家の作品は、ふわふわ系かしっかり骨太系かのどちらかに分類できるのだけど、江國香織はふわふわ系。文章にすっと入れるアクのなさと、透…

【読書メモ】土佐堀川

朝の連ドラといえばNHK。2015年下半期に放送される「あさが来た」の原作本。主人公は広岡浅子。日本女子大学の創立や、大同生命の創業に深くかかわった女性実業家。17歳で大阪の両替商の加島屋に嫁入りする。文明開化当時、まだ女性が社会的に活躍していなか…

【読書メモ】なぜこの人と話をすると楽になるのか

久しぶりに読み終わった後に「この本の言うの通りだなぁ」と思った本は、なぜ、この人と話をすると楽になるのか 。著者はニッポン放送のアナウンサー、吉田尚記さん。アナウンサーって、天性のトーク術を持っている人とか、少なくともその資質がある人がなる…

【読書メモ】家事の捨て方

家事の捨て方 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝くを読んだ。家事を効率的にしていくための心構えとか、時短家事の工夫について書かれているのかと期待していたから、少し期待はずれ。家事の捨て方というよりは、楽しみ方に重点が置かれていて、基本…

新しい主婦に憧れる人たち/ハウスワイフ2.0

「会社に使われない新しい生き方をめざす」という帯のフレーズに惹かれて、ハウスワイフ2.0を読んだ。近年、専業主婦になりたい若い女性が増えているらしい。アメリカでは日本よりも進んだ状況にあるとのこと。都会から田舎に引っ越して、家で食べる野菜を自…

【読書メモ】もう自己啓発本はいらない?!/嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えは去年の話題の一冊らしい。積極的に他人から嫌われたいと思う人はいないはず。特に日本人は、「嫌われる」ことをひどく恐れる人種だと思うので、このタイトルは衝撃的だったのかも。わたしにとっての衝撃ポ…

【読書メモ】水やりはいつも深夜だけど

水やりはいつも深夜だけどは幼稚園生の子を持つ母親や父親の、日常の心の揺れを描く短編集。各物語のタイトルにもあるとおり、物語の中には植物が出てくる。植物を育てるには水やりが必要だけど、みんな日中に水やりをする心の余裕はないように見える。どれ…

トークショーって難しい!!角田光代さんのイベントで

角田光代さんのトークショーに行ってきた。小豆島土庄町の中央図書館10周年記念イベント。数ヶ月前に、町の図書館の貼り紙を見て行きたいと思っていたのだけど、有名な作家だからすぐ整理券がなくなるかと思いきや配布開始から2週間過ぎて申し込んでもまだま…

【読書メモ】水の出会う場所

小説を読むのがちょっとしたマイブーム。魚住陽子氏の水の出会う場所を読んだ。何度も芥川賞候補になったというだけあって?、とてもきれいな文章を書く作家だと思った。静かに心に染み入ってくるような。表現も、使われている漢字もちょっと難しいものが出…

【読書メモ】電子書籍は二冊目に向いてる?!/知の読書術

読書術についての多くの本を書いている佐藤優氏。「知」の読書術 (知のトレッキング叢書)も、他の読書術の本と大方共通することを言っているのだけど、違いは2部構成のうち後半の2部を電子書籍の活用法について書いている点。 わたしはAmazonを中心に電子書…

【読書メモ】自分を好きになる方法

自己啓発本ではありません。またまた帯を見て、手に取った自分を好きになる方法。一人の女性の16歳、28歳、34歳、47歳、63歳、3歳のある1日を切り取ってコラージュした小説。どの一日も、ドラマックな出来事や人生の転機などというような大それた一日じゃな…

【読書メモ】貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

数年前から使われるようになっている言葉の一つに「女子」がある。年上のおばさまでも、「女子会トークに花を咲かす」なんて使っているけれど、わたしはなんとなく気恥ずかしい思いがして自分の属するカテゴリを「女子」と言ったことはない。そもそも、女子…

【読書メモ】やっぱり絶大、帯の力!/私のなかの彼女

「もしかして、別れようって言ってる?」ーーようやく彼と対等になれるはずだったのに。これは角田光代、私のなかの彼女の帯に書かれた引用。 単なる恋愛小説ならそれほど気にならないけれど、手に取ってしまったのは「ようやく彼と対等になれるはずだったの…

【読書メモ】「教養」って大切らしいけど。。という人に

教養って、役立たないものなんじゃないの?そう思っている人にこそ、おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? NHK出版新書は、読んでほしい本かも。なぜって、すぐ役立つものは、世の中に出てすぐ役立たなくなるから。一方で、教養はすぐに…

【読書メモ】ゆるさに思わずクスり。こんなときのどうする絵辞典

人に言うほどのことではなくても、生活の中では困ったなぁ、と思うことがあるでしょう。そんなシチュエーションをゆる〜いタッチでまとめたのがこんなときのどうする絵辞典。困ったシチュエーションには、受け取るのがヘタなのに物を投げられたときもらった…

【読書メモ】子どものしつけの方針に参考になる本!

先日読んだ子どもの教養の育て方で、佐藤優が薦めていた男の子の躾け方―あるドイツ人からの提言 (知恵の森文庫)を読んでみた。 アマゾンのレビューでは、辛口なコメントもあったけれど、個人的には日本とドイツの比較文化論だと思っておもしろく読んだ。なん…

【読書メモ】心に残るのは、面倒なこと。感情の揺れ

角田光代の旅にまつわるエッセイ集『降り積もる光の粒』を読んだ。降り積もる光の粒作者: 角田光代出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/08/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る よくある旅先の記録のようなエッセイ集ではなく、旅するこ…

【読書メモ】子どもの教養の育て方/本代がバカにならないが、試す価値ありそう

子どもの教養の育て方、佐藤優が育児関連の本を出しているなんてちょっと意外だったので読んでみた。この本は、国会議員の井戸まさえとの対談形式で、子を持つ親だけでなく意識の高い中高生にも向けて書かれている。ぜひ、やってみようと思ったことは絵本→神…

【読書メモ】10年後の自分のために今すぐ始めたい36の習慣

長い間本を読めていなかったけれど、久しぶりに読んだ本。 10年後の自分のために今すぐ始めたい36の習慣 作者: 松富かおり 出版社/メーカー: すばる舎 発売日: 2013/05/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 幸せや納得のいく人生は自分で選ぶ…

【読書】文芸作品を読んで「愛される人」になろう クーリエジャポン5月号

またまたCOURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 05月号 [雑誌]ネタ。 「『愛される人』は、こんな本を読んでいた」という記事がおもしろかった。 まとめると、こんな内容。 読書は読むジャンルによって効果が異なる。 大衆小説、文芸作品、科学書3種類…

スマホを10分間我慢すると世界の子どもを救える タッププロジェクト

今や現代人にとってスマホは必需品。 手持ちぶさたになるとなんとなく触ってしまう人も多いのでは。それを逆手にとったチャリティキャンペーンUNICEF Tap Projectを米国ユニセフが実施中。参加方法は、カンタン。 スマホでUNICEF Tap Projectにアクセスして…

【5/31まで】Fujisan新生活応援キャンペーン500円割引

雑誌のオンライン書店の『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』 が新生活応援キャンペーンを実施中。誰でも使える500円割引。新規登録者なら、1000円割引とのこと。 ただし5000円以上の購入時に使える割引なので注意。fujisanは、ちょくちょく利用している…

【読書メモ】モラトリアムは年齢では語れない 『29歳』

三十路手前の年齢にピンポイントに焦点をあてた短編集。 29歳 作者: 山崎ナオコーラ,柴崎友香,中上紀,野中柊,宇佐美游,栗田有起,柳美里,宮木あや子 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2008/11/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 2人 ク…

【読書メモ】あなたに大切な香りの記憶はありますか

嗅覚は、いろんな感情を呼び起こす感覚だと思う。あなたに大切な香りの記憶はありますか?作者: 阿川佐和子,角田光代,熊谷達也,小池真理子,石田衣良出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/10/28メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (5件) を…

【読書メモ】食事はリトマス紙 旅行者の朝食

人生の中で、食事の占める割合はかなり大きい。食事がおいしいかどうかで、気分もかなり左右されるような気がする。米原万里の『旅行者の朝食 (文春文庫)』を読んだ。米原万里の本は、『オリガ・モリソヴナの反語法』を読んで以来目につくものがあれば読むと…

【読書メモ】リサーチャーに学ぶ情報術 ネットと紙を両方使う

リサーチャーという職業を知っていますか? 『プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?』の著者は、「行列のできる法律相談所」「超タイムショック」「ボクらの時代」「生まれる。」「フリーター、家を買う。」などのヒット番組制作に…

【読書メモ】シンプルって、実は贅沢なもの『シンプルを極める』

ドミニック・ローホーの『シンプルを極める』を読んだ。シンプルを極める作者: ドミニック・ローホー,原秋子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2011/02/24メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 38回この商品を含むブログ (19件) を見る 副題に…

【読書メモ】キーワードは相場観。『書いて生きていく プロ文章論』

『書いて生きていく プロ文章論』という本を読んだ。書いて生きていく プロ文章論作者: 上阪 徹出版社/メーカー: ミシマ社発売日: 2010/11/26メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 26回この商品を含むブログ (15件) を見るライターとして生計を立てている人…

【読書メモ】フランス父親事情

『フランス父親事情』という本を読んだ。フランス父親事情作者: 浅野素女出版社/メーカー: 築地書館発売日: 2007/03メディア: 単行本 クリック: 20回この商品を含むブログ (14件) を見るフランスと言えば、事実婚のカップルも法的に結婚しているカップルと同…

【読書メモ】クーリエジャポン2月号

今年は、雑誌クーリエジャポンの定期購読をすることにした。2月号の特集は『正しい「計画」を立てればきっと人生はうまくいく。』COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 02月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/12/25メディア: 雑誌この商品…

【読書メモ】悪知恵のすすめ

明日から、世の中は通常営業。冬休み中、もっと読書をしようと思っていたのに思っていたより読めなかった。唯一、読了したのはこれ。「悪知恵」のすすめ -ラ・フォンテーヌの寓話に学ぶ処世訓-作者: 鹿島茂出版社/メーカー: 清流出版発売日: 2013/03/21メデ…

kindle本 冬のセールだからってポチポチしてみた

今月はアマゾンの月替りセールはおやすみ。Amazon.co.jp: Kindle本 冬のセール: Kindleストアいくつかポチったものの中で、読み終わったものを紹介。ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション…

【読書メモ】「不安は安心に変えられる」=「不安はお金に変えられる」:『生命保険のウラ側』 

来春に家族構成が変わるので、保険の見直しをしようと思って読んでみた。生命保険のウラ側 (朝日新書)作者: 後田亨出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2010/02/12メディア: 新書購入: 2人 クリック: 44回この商品を含むブログ (12件) を見る 著者の基本的…

【読書メモ】統計学が最強の学問である

今週読み終わった本はこの本。統計学が最強の学問である作者: 西内啓出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/01/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 11人 クリック: 209回この商品を含むブログ (81件) を見る とても売れている本でkindle版が出…

おうちで手軽に本格カレー いなばのタイカレー

最近ハマっているもの。いなばのタイカレー♡チキンのグリーンとイエローを試しに食べてみたら、缶詰とは思えないおいしさだったので、他のシリーズも購入。これ、今話題になっているみたいね。本屋でこんな本も発見。いなばのタイカレー缶レシピ作者: 飛鳥新…

旬の鮭♪ちゃんちゃん焼きを作りました

今日はちゃんちゃん焼きを作りました。写真を撮り忘れたので、クックパッドから拝借。魚の中では、鮭が好き♡一番好きなのは、スモークサーモン、寿司。焼き鮭、鮭の混ぜご飯なんかはお弁当にもできる。飽きない味に加えて、値段が手頃。そんな鮭の、美容効果…

【読書メモ】ルンルンを買っておうちに帰ろう

なんとなく、エッセイのようなものを読みたくなり手にとった本。ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))作者: 林真理子出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1985/11メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 11回この商品を含むブログ (16件) を見る林真…

登場人物がいい人すぎる!「また、必ず会おう」と誰もが言った。

Kindleセールで安くなっていたので買ってみた。「また、必ず会おう」と誰もが言った。作者: 喜多川泰出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2010/11/18メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 108回この商品を含むブログ (24件) を見る熊本に住む普通の高校…

いろんなことに鈍感になることの功罪

職場の人から来たメールの文章で、ちょっとイラっとした語尾。「~お願いできますでしょうか?」なぜイラっとしたかというと、その仕事は本来その人の仕事なのに、それを引き受けることを前提にしたような文面だったから。人に依頼するからには自分はそれを…

8/1(木)朝活報告@二子玉川

二週間ぶりに、出勤前の朝活に行って来ました。今日紹介していただいたのはこれ。マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実作者: 池田整治出版社/メーカー: ビジネス社発売日: 2009/12/07メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 287回この商品を含…

浮世離れして暮らしたい/企業が帝国化する

今週は朝活をしなかったけれど、朝活の発表用に読んでいた本をメモ。企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔 (アスキー新書)作者: 松井博出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス発売日: 2013/02/12メディア: …

7/11(木)朝活報告@二子玉川

木曜の朝活。主な朝活のメリットは会社や学校など、既存の行動範囲では出会えない人と出会える新しい考え方に触れられる自分の読まない本の紹介をしてもらえるので、読書の幅が広がるコンスタントに読書する習慣がつく人に説明することを前提に読書するので…

朝活報告@二子玉川

今朝は二週間ぶりの朝活。紹介していただいたのはこれ。大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)作者: 中村仁一出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/01/28メディア: 新書購入: 16人 クリック: 210回この商品を含むブログ (39件) を見る世間で一般的…

クーリエジャポンが熱い

今月のクーリエジャポン、目次を見る限りおもしろそう(^^)「世界を変える仕事をしてみませんか?」だって。日本発の「世界標準マガジン」|クーリエ・ジャポン|CONTENTS今アメリカでは、お金よりも社会貢献できる仕事を希望する若者が増えているらしい。NGO…

変な人が書いた世の中のしくみ

先週のKindle本セールで買った本。変な人の書いた世の中のしくみ作者: 斎藤一人出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2012/10/17メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 106回この商品を含むブログ (2件) を見るまだ全部読み終えてないけど、一番印象的だっ…