読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OkOgeのブログ

地方で都会並の生活水準を実現することをテーマに日々あったことをつづります。

ストレスフリーの部屋づくり

両親は、あなたにとってどんな存在ですか?
お手本にする存在、それとも反面教師?

わたしにとっての両親は、反面教師です。両親の行動、生活習慣、価値観は子供に多大な影響を及ぼすもので、子供は親の価値観を引き継ぐことが多いと言われてる。
でも、わたしは28年間生きて来て、自分ならこうすると思う部分が少なからずあります。

その一つができるだけものを少なくしてシンプルに生活すること。
昨日実家に行って、少し片付けをしたのだけど、相変わらず物持ちだなぁって思った。
収納スペースは、ぎっちり物が入っていないと不安を感じるの?って聞きたくなるくらい。

父親が転勤族だったため、何度も引越しを経験しているはずなのに物が多い!
引っ越しの度に捨て、また増やしを繰り返して来たのかも。

押入れだけでなく、冷蔵庫もそんな状態だから、当然中に入っているものの管理ができていない。で、買う→悪くなる→捨てるの無限ループ。

非経済的だし、エコじゃないよね〜^^;
引っ越しにも相当お金をかけてきたんじゃないかしら。

一方、自分で把握し切れるだけの物を持つようにしたらどうかな?
服は新しく買ったら、同じ点数だけ捨てる。ビルドアンドスクラップの要領で。というか、まずうちにあるものをじっくり眺めて必要なものを買いに行く。
本も、食品も同じルール。
あ、本は興味のあるものはバンバン買うけど、ちゃんと古本に出してる☆

物が少ないと、散らからないからストレスも感じないし。

自分の今の価値観、生活スタイルを作ったのは紛れもなく両親で、だけどそれを自分は反対の方向に作ったなぁってまじまじ思ったこと。

一言で言えば、お財布にも環境にもやさしい生活がモットーかも♪
広告を非表示にする