OkOgeのブログ

地方で楽しく生活することをテーマに日々あったことをつづります。

【読書メモ】ルンルンを買っておうちに帰ろう

なんとなく、エッセイのようなものを読みたくなり手にとった本。

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))

林真理子の露出本って感じの本。

最初の方は、読んでて少し気持ち悪くなってしまった。かなりえげつない。

飾ることなく曝け出しているから共感できる部分もあった。

例えば、「女が外で食べるとき」。

初めは、女が外でひとりでご飯を食べることが嫌だった。周りの目が気になって、食事を抜くこともあったとのこと。

半年も経つと慣れてきて、ひとりで食事ができるようになっただけでなく、ひとりで映画まで見られるようになった。

しかも、ふらっと。

一人ではご飯は食べられないという考えは、連れションの派生と書いているけど、わたしもそう思う。

それがいいか悪いかは別として、そうだよなぁって思ったのは次の部分。

ひとつ確かなことは、食事にしても映画にしても、ひとりで食事ができ、ひとりで映画を見ることができる女友達といった方が、絶対においしく、楽しいということだ

一緒にいて楽しいかどうかは、お互いにひとりを楽しめる人かどうかで決まると思うけどね^ ^


林真理子って、もとはコピーライターだったんだね。

自分の恥やイタイ部分を逆手にとって、売ってしまうところは、タダでは起きない根性だなぁ。

好き嫌いが分かれる本♪

広告を非表示にする