読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OkOgeのブログ

地方で都会並の生活水準を実現することをテーマに日々あったことをつづります。

これからのお金の使い方

f:id:OkOge:20120709062114j:plain
ここ数ヶ月、目覚ましがなる前に目が覚めてしまいます。
今日は休みをとったのでウキウキして余計にそうなのかもしれません。

昨日、本屋で「ソトコト」というタイトルの雑誌を見つけました。
これからのお金の使い方などと、なんとなく心惹かれる特集。

投資の情報本ではありません。
お金は、自分や家族のために使うものではありますが、それに加えて他人も幸せにするようなちょっぴり別の視点をもとうという趣旨のようです。

最近はやりの社会事業家のことが多く取り上げられていました。
すでに知名度のある大手企業でも、CO2削減のために取り組んでいる事業のことなど環境や人に対する意識の高いところを紹介しています。

この雑誌について少し調べてみると、定期購読をすると特典として365キロ分のCO2の排出権、エコ・アクション・ポイント、アフリカの子どもに靴を一足プレゼントするスマイル・アフリカ・プロジェクトの参加資格を得られるそうです。

個人的には、「排出権」というものは単に削減したと「みなす」行為であって、実際の削減につながるものではないんじゃないか?と思っているのでいいのかどうかよく分かりませんが、アフリカのプロジェクトはとっても素敵だと思いました。

今月号で気になったのは、鎌倉投信という投資信託。
売れる会社ではなく、「これからの社会に必要とされる会社」を基準に組み入れする会社を選んでいるそうです。
正直なところ、ソトコトで紹介されるような活動は、勤め人をしながらではかなりの根気やパワーを必要とするし現実的ではないので、ちょっとお金を使う方向を変えるだけで、世の中をちょっとだけ良くできる活動に参加することができるのはかなり魅力的ではあります。
ただ、やはりこの信託会社が信用できるところなのか、それが一番気になります。

ソトコトのような雑誌や、鎌倉投信のような投資信託に一定の需要があることを考えると、人の興味や関心は「ちょっといいことしたい」に向いているんですね~

広告を非表示にする